2007年10月08日

マリモパンツの裏設定公開

どうも、こじです。
今回は、マリモパンツの知られざる裏設定をいくつか紹介します。

今回は1番多い質問として、ソッカーの試合中にどんな補正が入っているのかについて解説します。

まず前提として、ソッカー選手というのは皆負けているほど燃える性質があり、観客も競った試合を好みますので、負けているチームは通常以上の力を発揮します。
ということで、後半になると負けているチームは1点ごとに全能力(ドリブル、パス、シュート)が5アップします(前半はアップしません、後半のみです)。3点差以上差がある場合は15アップします。15以上はアップしません。
例えば、後半で1−3で負けている場合は、2点負けているということで能力が10アップします。この能力アップは、ゲーム中の確率表示には反映されない隠しパラメータなので、後半に点差がついている場合は、表示される確率と実際の確率が微妙に異なることになります。

また、一部の試合(最終戦など)の延長戦のときには、両チームとも必ず1回ずつシュートが決まるときにゴールバーに当たるようになっています。これは「最終戦なんだから、そんな簡単に終わらないでぇー!」という観客の怨念ということで(笑)。

あと、プレイヤーへの救済措置として、4点以上の点差をつけられないようになっています(一部の試合は4点差以上つけられますが)。敵に4点以上点差をつけることは可能です。

ちなみに裏モードでは、上記の補正のうちプレイヤーに有利な補正はほとんどなくなります。でも敵に有利な補正はなくなりません。なので、裏モードの難易度はめっちゃ高いです。
posted by こじ at 23:01| 日記